「STOP RMT!!」プラチナリボン運動は、仮想通貨を「買わない、売らない、(他人の売買を)認めない」  をスローガンに、オンラインゲーム運営会社と利用者が同意した規約に反する不正なRMTの撲滅を目指す運動です。(※RMT=現金とゲーム通貨の相互取引、リアルマネートレードの略称)

<< 【注意】本運動を騙る行為についてご注意下さい。 | main | 注意事項 >>

1999.01.01 Friday

運動の背景

 RMT(リアルマネートレード)は、オンラインゲーム上の所有アイテムやアカウント、キャラクター等を現実世界の財産(主に通貨)と交換する行為で、最近社会問題化しつつあります。

 海外、主に中国より「ゴールドファーマー」と呼ばれるRMT目的の不正ツール(BOT)が数多くのゲームに出現しており、正常なゲーム利用の妨げになっています。この「ゴールドファーマー」によるオンライン出稼ぎにより、多くの現金が不正に海外に流出しており、中国で取得した金額は5400億円とも言われています。

 最近では、換金可能な事に目を付けた青少年によるRMT目的の犯罪も増えており、早急な対策が必要です。